懐かしい1980年代

ルービックキューブ

更新日:

世界中で大ブームを巻き起こした立体パズル「ルービックキューブ」

1974年に、ハンガリーの建築学者「エルノー・ルービック」が考案した立体パズルで、日本ではツクダオリジナル(当時)から1980年7月25日に発売され大ヒット商品となりました。

ルービックキューブ

ルービックキューブは、各面3×3=9個の色(白・青・赤・橙・緑・黄など)の付いた正方形を、各面のキューブを回転させ色を揃えていく頭脳系パズル。

遊び方は、キューブを回して色をバラバラに崩し、それを揃えるというシンプルなものですが、1面と2面までは揃えるのは簡単なのですが、6面を揃えるとなるとかなり難易度が高くなります。

しかし、ルービックキューブは分解も可能だったので、なかにはズルをして6面を完成する人も……。

 

その後、様々な形をつくれる「マジックスネーク」や、ちょっと簡単な「ルービックキューブ2×2 CUBE」、最高に難しそうな「プロフェッサーキューブ」も登場しました。

プロフェッサーキューブ

これは、無理ですね……。

 

現在でも、人気キャラクターをルービックキューブとミックスした「キャラクション・キューブ」が発売されたり、大会が開催されるなど、キュービストと呼ばれる愛好家を増やしているルービックキューブ。

日本の各地で、初心者用のサークルなども開かれているので、子供の頃に6面が揃えられなかった方は、もう一度、夢の6面にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

1980年代の懐かしい玩具に戻る

懐かしの玩具に戻る

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1980年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.