懐かしい1960年代

8時だョ!全員集合

更新日:

ザ・ドリフターズ主演の国民的バラエティ番組「8時だヨ!全員集合」。

お化け番組、怪物番組と呼ばれ、1969年から1985年までの16年間、TBS系列で毎週土曜日20:00~20:54に放送されていました。

8時だョ!全員集合

「8時だヨ!全員集合」は、基本的に公開生放送で行われ、ザ・ドリフターズ(いかりや長介さん、高木ブーさん、仲本工事さん、加藤茶さん、荒井注(1974年活動休止宣言)さん、志村けんさんによる入念に練り込まれたコントや、多くのアイドルや大物俳優などと一緒に行う、歌のコーナー、体操、合唱団、ミニコントなどのバラエティーに富んだ構成で、老若男女を問わず幅広い層の視聴者に受け入れられました。

 

そんな「8時だヨ!全員集合」からは、多くの流行語も誕生しています。

いかりや長介さんの「オィッスー!」「ダメだこりゃ」、加藤茶さんの「1,2,3,4やったぜカトちゃん」「ちょっとだけよ~、あんたも好きねぇ~」、志村けんさんの「カラスなぜ泣くのカラスの勝手でしょ」「おこっちゃヤーヨ」、今でも「じゃんけん」の時に言う「最初はグー」も、この番組がきっかけとなり流行語となりました。

ザ・ドリフターズ

また、この番組の出演者の一人である観客からかかる掛け声「志村!後ろ!後ろ〜!!」や、観客の笑い声なども公開生放送ならではの魅力でした。

そんな、今では実現が難しいコントを公開生放送で行っていたため「8時だヨ!全員集合」では、コント中セットのボヤ騒ぎや、放送開始時に会場が停電するなど様々なアクシデントもありました。

当時、番組を観ていた方は強烈に記憶に残っているのではないでしょうか。

 

そんな伝説の番組も1985年9月28日に幕を閉じました。

全803回、平均視聴率27.3%、最高視聴率50.5%の怪物番組「8時だヨ!全員集合」は、DVDやTBSオンデマンドなどで、今でも私達に笑いを届けてくれています。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1960年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.