懐かしい1960年代

不二家ネクター

更新日:

果実をまるごと裏ごしし、濃厚な味わいで人気のドリンク「不二家ネクター」。

1964年に誕生してから50年以上も続くロングセラー商品です。

不二家ネクター

ネクターの語源は、古代ギリシャ神話の神々の飲みもの「ネクタル」とされ、現代では「果肉が一定量以上含む果実飲料」の事をネクターと呼んでいます。

発売当初の不二家ネクターは、懐かしい細長い250ml缶でフタに缶切りが付いており、それで缶に穴を開けて飲むタイプでした。フレーバーはピーチとオレンジの2種、その後にミックスも発売されました。

現在でも、350ml缶や紙カップ、スリムペットボトルなど、パッケージをリニューアルをして販売を続けている大人気商品です。

リニューアル不二家ネクター

果物そのものの美味しさや、果物の自然感で、長い間愛され続けている不二家ネクターは今も進化を続けています。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1960年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.