懐かしい1960年代

ターンテーブル式電子レンジ R-600

更新日:

冷凍食品の解凍やお弁当の温め直しなど、様々な調理工程で役に立ち、今やキッチン家電の必需品となった電子レンジ。

電子レンジ業界をリードする基盤をつくった画期的な商品、国産初の家庭用「ターンテーブル式電子レンジ R-600」が、1966年に早川電機工業(現シャープ)から発売されました。

ターンテーブル式電子レンジ R-600

この「R-600」の特徴は、後に電子レンジの主流となるレンジ内のテーブル(丸い皿)を回転させ、ムラなく加熱するターンテーブル方式を採用した事。

そして、今でもレンジで温めるとき「レンジでチンして」という人が多いと思いますが、この「レンジでチン」は調理タイマーがゼロになると「チン」と鈴が鳴り教えてくれたのが由来。

この「チン」という鈴の音は「R-600」を発売した早川電機工業(現シャープ)が採用したのが始まりです。

 

食品を回転させながら調理する画期的な商品だった「R-600」。

当時の価格は198,000円と高価な商品でしたが、電子レンジの歴史を大きく変える商品となりました。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1960年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.