懐かしい1970年代

餅太郎(どんどん焼き)

更新日:

サクサクの食感と、飽きのこない素朴な味わいで駄菓子屋の定番商品となった「餅太郎」。

1976年に菓道から発売され、ロングセラー商品となったお菓子です。

餅太郎

仲良く餅つきをしているお爺さんとお婆さんと、花咲かじいさんのように木に登ってる人(餅太郎?)のパッケージでおなじみの餅太郎。

「餅太郎」は、1袋6グラムの小さな袋の中に、塩味のカラッと揚げた小さなあられが入っています。

 

姉妹商品に、1979年に発売された「どんどん焼き」もあります。

どんどん焼き

どんどん焼きは、お祭りで太鼓を叩く姿が楽しい横置きのパッケージ。

餅太郎と同様に、揚げた小さなあられが入っているのですが、1袋12グラムと餅太郎よりも食べ応えのあるサイズで、味はソース味とキムチ味があります。

低価格でちょうど良い量の「餅太郎」と「どんどん焼き」。

子供のおやつや、大人のおつまみに最高ですよ。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1970年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.