懐かしい1970年代

ベルボトム

更新日:

1970年代に大流行した、膝から裾に向かって広がっているズボン「ベルボトム」。

楽器のベルの形に似ていることから「ベルボトム」と呼ばれ、当時の日本ではパンタロンやラッパズボンと呼ばれ、現在でも、丈の長いブーツを下に履けることからブーツカットや、フレアなど様々な名前で呼ばれています。

ベルボトム

ベルボトムの発祥はアメリカ海軍の制服で、1960年代以降、アメリカのヒッピー文化の代表的なファッションスタイルの一つとして定着し、1980年代のスリムジーンズの流行まで、男女を問わず世界中の若者の間で大流行しました。

日本でも、大人気刑事ドラマ「太陽にほえろ」の「ジーパン刑事」として出演した松田優作さん、ドラマ「俺たちの旅」の中村雅俊さんなども、ベルボトムを履いて出演するなど人気のファッションでした。

 

その後も、古着ブームや美脚パンツなどのブームにより何度か流行したベルボトム。

今後も、ファッションの流行は繰り返されるのかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1970年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.