懐かしい1950年代

サブリナパンツ

更新日:

永遠の妖精と呼ばれた大女優「オードリー・ヘプバーン」が、映画で着用したことで話題となり1950年代に流行した「サブリナパンツ」。

サブリナパンツ

サブリナパンツは、腰から裾までがビッタリ細めの七分から九分丈のパンツで、1954年に公開された映画「麗しのサブリナ」がきっかけとなり注目されました。

麗しのサブリナ

主演のオードリー・ヘプバーンが、自身の細身の体型を生かし着用した、黒いスリムフィットの八分丈パンツが、サブリナパンツと呼ばれるようになり女性たちの間で大流行しました。

 

サブリナパンツに似たデザインで丈が違うパンツとして、七分丈で細めの「カプリパンツ」、九分丈でゆとりのある「アンクルパンツ」、六分丈から九分丈でゆとりがある「クロップドパンツ」などがあります。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1950年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.