懐かしい1980年代

カセットビジョン

更新日:

エポック社から、1981年7月30日に12,000円(ACアダプタ1,500円※別売り)で発売されたカセットビジョン。

カセットビジョン

このカセットビジョンは、カートリッジを交換することで様々なゲームが遊べるシステムで、任天堂の「ファミリーコンピュータ」発売までの2年間で日本で最も売れた家庭用ゲーム機です。

発売された代表的なゲームソフトは、本体と同時発売の「きこりの与作」。

きこりの与作

迫りくるイノシシやヘビ、鳥のフンをジャンプ等でよけながら、オノを上手に使い木を切っていくシンプルなゲームが人気でした。

その後も「ビッグスポーツ12」や「ベースボール」など様々なソフトを発売、1983年7月19日にはカセットビジョンの廉価版ゲーム機「カセットビジョンJr.」を5,000円で発売しました。

 

一時期、日本の家庭用ゲーム機のシェア7割を獲得するなど成功を収めたカセットビジョンですが、1983年に他社のゲーム機の発売などにより、1984年7月17日にカセットビジョンの次世代機「スーパーカセットビジョン」にブランドを受け継ぐこととなります。

1980年代の懐かしい玩具に戻る

懐かしの玩具に戻る

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1980年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.