懐かしい1970年代

笑い袋

更新日:

ただ笑い声が聞こえるだけで、動くわけでもなく、遊べるわけでもないのに大ヒットした袋「笑い袋」。

笑い袋

1970年代に発売された「笑い袋(わらいぶくろ)」は、布製の巾着袋から「アーハッハハハハー」と笑い声が延々と聞こえるだけの玩具です。

笑い袋は、乾電池で駆動する小型のレコードプレーヤーが袋に入っており、本体にあるボタンを押すと、笑い声入りのレコードが演奏される仕組みになっていました。

袋に描かれたピエロや女の子の絵柄は、ちょっと怖いのですが、笑い声を聞いていると自然と笑ってしまい、なんだか幸せな気分になれる袋でした。

 

この笑い袋がヒットしたことにより様々な「袋」が後に登場します。

ゴマスリ袋

「お鞄をお持ちします」「部長さんのためなら、もうっヒッヒッヒー」と延々とゴマをスル袋「ゴマスリ袋」や、人気芸人が延々とギャグを言う袋「吉本芸人大笑い袋」などが登場、現在でも色々な笑い袋が販売されています。

 

どのように使えばいいのかイマイチわからない笑い袋ですが、昔から「笑う門に福来たる」ということわざもあり、いつも笑いが絶えない人には幸運が訪れるというので、この「笑い袋」が笑いと幸せを届けてくれるかもしれませんよ。

1970年代の懐かしい玩具に戻る

懐かしの玩具に戻る

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1970年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.