懐かしい1970年代

よっちゃんいか(カットよっちゃん)

更新日:

ちょっと酸っぱい味がやみつきとなる、懐かしい駄菓子屋の定番商品「よっちゃんいか(カットよっちゃん)」。

1977年に「よっちゃん食品工業株式会社」から発売された、おやつや、おつまみとして長い間親しまれている魚肉加工食品です。

よっちゃんいか

以前のパッケージには「よっちゃんいか」と表記されていましたが、イカだけが原材料ではなく魚肉のすり身も含まれているので、現在の正式名称は「カットよっちゃん」。

商品名や社名にも使用している「よっちゃん」は、現会長である金井芳雄さんの幼少の頃のあだ名「よっちゃん」が由来となっています。

アイデアマンとしても有名な金井芳雄さんは、購入した超高級車「ロールス・ロイス」の車体を金色に塗りなおし、更に「よっちゃんいか」のイラストをプリント。

よっちゃんいか宣伝カー

なんとも大胆で勿体ない話ですが、それを宣伝カーとして使用し、会社や商品の知名度アップに成功。

その後、「よっちゃんイカを買ってロールスロイスに乗ろう」というインパクトのあるキャンペーンまで行いました。

当選した方の笑顔が想像できるキャンペーンですね。

 

そして、よっちゃんいかのテレビCMもインパクトがありました。

よっちゃんいかCM

「あぁ~ら、よっちゃんのぉ~すずけ~いか」というCMソングが流れる中「うめ~!」と勢いよく叫ぶCMを憶えている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、よっちゃんいかのパッケージデザインは「福袋の端を引っ張って福を引き寄せる」という意味があるそうですよ。

 

発売以降、何度かのリニューアルを重ね、おつまみやおやつとして大活躍してきた「よっちゃんいか」。

現在でも、「甘辛味」や「しろ」などシリーズを増やし、大人から子供まで楽しめる人気の商品です。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1970年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.