懐かしい1950年代

プラッシー(PLUSSY)

更新日:

お米屋さんが配達してくれた飲料水「プラッシー(PLUSSY)」。

1958年に武田食品工業(当時)が発売したオレンジ果汁入り飲料です。

プラッシー

プラッシーは、オレンジ果汁入り飲料にビタミンCをプラスした商品なので、「プラス」と「C(シー)」でプラッシーと命名され、お米屋さんや自動販売機を中心に販売されていました。

当時、テレビCMでも「お届けします プラッシー」と言っていたように、お米屋さんが重いお米などと一緒に、重いビン入り飲料のプラッシーも配達してくれました。

 

1980年代に、プラッシーは生産を中止しますが、復活を望む声が多く、1998年にリニューアルをして販売を再開。

リニューアルプラッシー

すっきりとした美味しさと、持ちやすいサイズへと新しく生まれ変わり、現在では、お米屋さんだけではなく様々な場所で販売される商品となりました。

また、2017年8月30日に放送された連続テレビ小説「ひよっこ」では、主人公のみね子(有村架純さん)と、幼馴染の時子(佐久間由衣さん)が、お米屋さんでビン入りのジュースを飲むシーンでは、ビンの商品名のところに「OISSY」書かれていたことで、「プラッシー(PLUSSY)」をモチーフとしているのではないかと、ネット上で話題となるなど根強い人気を持つ商品です。

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1950年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.