懐かしい1950年代

きいちのぬりえ

更新日:

昭和20年から30年にかけ、日本で流行した「きいちのぬりえ」。

昭和の少女たちの心を捉えた「きいちのぬりえ」は、現在でも年代を問わず絶大なる人気を集めているぬりえです。

きいちのぬりえ

「きいちのぬりえ」の魅力は三等身の少女絵。

大きい顔と太い脚、愛らしい瞳の女の子の画風が特徴的で、その作品からは当時の少女達の憧れや夢のファッション、生活様式などが感じられます。

 

この「きいちのぬりえ」は、1947年(昭和22年)に作者「蔦谷喜一(つたやきいち)」さんが「きいち」という名でぬりえを発表、制作と販売を開始すると平均月100万セット、最高時には160万セットを販売する大ヒットとなりました。

蔦谷喜一

作者である蔦谷喜一さんは、昭和40年頃までぬりえ作家として活躍、晩年は風景画や美人画でも才能を発揮し、制作活動は平成17年に91歳で亡くなるまで続けられたそうです。

 

蔦谷喜一さんの作品にふれられる場所が、東京都荒川区にある「ぬりえ美術館」。

ぬりえ美術館では、ぬりえを塗るだけではなく、ビーズやレース、ボタンなどでデコレーションする進化したぬりえ「デコぬりえ」も体験でき、ぬりえの歴史はもちろん新しいぬりえにも出合える美術館です。

ぬりえ美術館HP → こちらから

 

近年は、その画風が昭和レトロな雰囲気で懐かしいと再評価され、復刻版が販売されるなど、時と世代を超えて愛され続ける「きいちのぬりえ」。

大人になった今、子供だったあの頃に戻って、もう一度ぬりえをしてみるのもいいかもしれませんね。

1950年代の懐かしい玩具に戻る

懐かしの玩具に戻る

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1950年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.