懐かしい1950年代

1950年代に流行した懐かしい玩具(おもちゃ)

更新日:

1950年代までに流行した懐かしい玩具(おもちゃ)をご紹介します。

1950年代に流行した懐かしい玩具(おもちゃ)

一度は見たことや遊んだことがある懐かしい玩具(おもちゃ)や、流行したおもちゃを思い出して、1950年代の「あの頃」に戻ってみませんか?

スポンサーリンク

 

ミルク飲み人形

ミルク飲み人形お世話人形の元祖が、1954年に株式会社増田屋齋藤貿易(当時)から発売された「ミルク飲み人形」です。

おんぶしたり、着せ替えをしたりと、現在でも幼い女の子の遊びの定番であるお世話人形は、お世話好きな女の子の心をつかんで大ヒットしました。

 

懐かしのミルク飲み人形を見る

 

クラッカーボール(かんしゃく玉)

クラッカーボール(かんしゃく玉)投げたり踏んだりすると「パンッ!」と大きな音が鳴るクラッカーボール。

クラッカーボールは、花火の一種で直径7~8mmの玉の形をした火薬を利用して、大きな音を立てる玩具で「かんしゃく玉」や「投げ玉」とも言われていました。

 

懐かしのクラッカーボールを見る

 

ホッピング

ホッピング飛び跳ねて遊ぶホッピングは、遊びながら身体のバランス感覚を養えるスポーティー玩具です。

1957年頃に発売され、子供から大人まで夢中となり全国で大流行しました。

 

 

野球盤

野球盤男の子だったら、必ずと言っていいほど経験をしたことのあるスポーツ「野球」。

その野球が家の中で楽しめる夢の玩具が、1958年に「エポック社」から発売された「野球盤」です。

野球盤は、2018年で60周年を迎えたロングセラー玩具です。

 

懐かしの野球盤を見る

 

プラスチック汽車レールセット(プラレール)

プラスチック汽車レールセット1959年に発売された、プラレールの原型「プラスチック汽車レールセット」。

当時は、手で転がして遊ぶタイプで、2年後の1961年に電池を使用して走る「電動プラ汽車セット」が発売されました。

プラレールは、現在でも世代を問わず愛されているロングセラー玩具です。

 

 

フラフープ

フラフープ販売店に長蛇の列ができるほど、日本中で大ブームを巻き起こしたフラフープ。

プラスティック製などの素材を使った直径1mほどの輪を、フラダンスのように腰を動かし輪を回転させて楽しむ玩具です。

 

懐かしのフラフープを見る

 

きいちのぬりえ

きいちのぬりえ昭和20年から30年にかけ、日本で流行した「きいちのぬりえ」。

昭和の少女たちの心を捉えた「きいちのぬりえ」は、現在でも年代を問わず絶大なる人気を集めているぬりえです。

 

懐かしのきいちのぬりえを見る

 

国産ミニチュアカー(ミニカー)

実物の自動車をモデルに,縮小してつくられた玩具ミニチュアカー(ミニカー)。

1959年に旭玩具製作所が1/43サイズのモデルペットを発売。以後、多くのミニカーブランドが誕生し、現在でもファンの多い玩具です。

 

                       | 1960年代玩具 >>

懐かしの玩具に戻る

  • この記事を書いた人
なつお君

なつお君

子供時代に楽しかった遊びや憧れた人などを思い出すと、懐かしく、そして幸せな気持ちにもなれたりします。たまにはあの頃に戻ってみませんか?

-懐かしい1950年代
-,

Copyright© 懐かし流行大百科 , 2021 All Rights Reserved.